女性

最新の整形技術で年齢を誤魔化す|目の下のたるみを改善する方法

サーマクールCPTの治療

婦人

ほうれい線は加齢で表情筋が衰えることや、コラーゲンが減少して頬がたるむことで目立ってきます。ほうれい線を改善するには、頬のたるみを解消することがポイントとなります。美容外科などでは、手軽に頬のたるみを解消する施術が受けられます。「サーマクールCPT」もそのひとつです。サーマクールCPTは、高周波RF(ラジオ派)を頬に照射して、コラーゲンの合成力を高め、肌にハリと弾力を出すアンチエイジング系の治療器です。コラーゲンが増えることで頬のたるみが改善され、ほうれい線の溝も自然に目立たなくなります。サーマクールCPTは1か月以上かけて緩やかに頬がリフトアップしてくるのが特徴です。急激に若返る美容整形とは違い、誰にも気づかれずに若返りができます。

最近はサーマクールCPTを導入している美容外科や美容皮膚科などが多くなってきています。切開をする美容整形よりも気軽にできるということで、頬のたるみに悩んでいる女性に大人気です。ただし、施術を担当する医師によって結果が違ってくるので、慎重にクリニックを選ぶ必要があります。サーマクールCPTはダウンタイムがなく、当日から洗顔もシャワーもできます。ただし、施術直後は顔全体が腫れたような状態になったり、熱をもったように熱く感じる場合があります。そうなったときに氷などで頬を冷やしてしまうと、サーマクールCPTの効果が分散される可能性があります。熱感はしばらくすると落ち着くので、施術直後はなるべく肌を急激に冷やさないように注意をする必要があります。